雇用保険

労務管理システムの導入は会社の経費削減にも活用できます!

手書きとシステム入力という二度手間の作業を解消できます!

スーツ姿の二人

人事や労務管理部門において、社員から提出される手書きの書類を受け取り、パソコンでシステム入力するという作業が生じていませんか?実は、この間には膨大な労務コストが発生し、無駄な経費発生になっています。そこで、人事労務管理システムを導入して、手書きとシステム入力という二度手間の作業を解消しましょう。
手書きという行為は、社員に対して労務管理部門は負担を強います。会社の事業を継続するために必要な申請手続きを社員の余暇時間に行わせるという問題を生じさせます。一方、受け取った申請書類から入力する作業もナンセンスです。しかし、人事労務管理システムはパソコンやスマートフォンから手続きが可能であり、社員の入力した情報がそのままシステム上に反映されます。さらに手書きという行為を伴わないため、就業時間内で空き時間を利用することができるため、社員の余暇時間を会社業務に充てさせるといった問題も解決できてしまいます。最近では、クラウド型の人事労務管理システムも増え、製造業で職場に設置されるパソコンが少ない場合でもスマートフォンを利用することで一斉手続きが可能になります。
人事労務管理部門は、入力作業がなくなることで空き時間を別の業務に向けられるだけでなく、生産性が期待できないといわれるスタッフを減らせ、必要最小限の人員で業務を遂行することが可能になります。

ピックアップ

コンテンツ一覧